埼玉県の真ん中で野菜作り

二十四節気

  • HOME »
  • 二十四節気

 

小寒寒の入りで、寒気がましてくる
大寒冷気が極まって、最も寒さがつのる
立春寒さも峠を越え、春の気配が感じられる
雨水陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる
啓蟄冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる
春分太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる
清明すべてのものが生き生きとして、清らかに見える
穀雨穀物をうるおす春雨が降る
立夏夏の気配が感じられる
小満すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める
芒種稲などの(芒のある)穀物を植える
夏至昼の長さが最も長くなる
小暑暑気に入り梅雨のあけるころ
大暑夏の暑さがもっとも極まるころ
立秋秋の気配が感じられる
処暑暑さがおさまるころ
白露しらつゆが草に宿る
秋分秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる
寒露秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ
霜降霜が降りるころ
立冬冬の気配が感じられる
小雪寒くなって雨が雪になる
大雪雪がいよいよ降りつもってくる
冬至昼が一年中で一番短くなる
PAGETOP
Copyright © 土と太陽と野菜 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.